2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

« 災害に備える | トップページ | きらきらの春 »

冬至から一ヶ月

おはようございますsun
冬至から1ヶ月ほど経ちました。
大分日が昇るのが早く、沈むのも遅くなってきたように思います。
日が長くなってきたのですね(*^-^)

明るい時間帯が増えるのは嬉しいですねshine
でも同時に忘れてはいけないこともあります。
そうです。紫外線です。
この商品で対策!!
室内を快適で安全な空間にする、アットシールドクリア

イメージ 1イメージ 2

これは窓ガラスにはたらきかける、赤外線、紫外線反射塗料です。
可視光透過率は抜群なのに、紫外線を大幅カット。その量なんと90%以上!
色もつかず、景観はそのままnote
また、赤外線(熱線)、紫外線カットの恩恵で、
・断熱性、遮熱性アップで、冷暖房費節約
・カメムシなどを寄せ付けない      など、うれしい効果が!happy01
今ある窓に施工できますよ。
そしてその耐久性については折り紙付!なんと耐久年数10年です!
変わらない品質のワケですね。

イメージ 3
防犯フィルムですが、実はこちらにも紫外線カットが付いていますscissors
防犯、防災、紫外線カット、一枚で効果は数種類!とってもすごい製品ですhappy01

でもなぜ紫外線はカットする動きがあるの?という疑問に対して、
ここで紫外線の話を少々・・・。
紫外線には殺菌作用があるとかで、洗濯物等にはいいですよね。
また、ビタミンDを生成するのに不可欠で、その量といえば冬の弱い日差しを5~30分、顔や手の甲に浴びる程度で十分なんだそうです。
それで十分なのであれば、やはり過剰な紫外線による害のほうが心配ですね(>_<)
紫外線には種類があり、

UV-A・・・私たちが日常浴びる90~95%がA波です。
透過性が高く、日焼けをすると黒くなる(サンタン)性質を持っています。
ガラスも透過するので、室内や車内でも日焼けを起こすのがそれです。
また、皮膚の真皮層まで届き、弾力繊維を変質させ、DNAを傷つけます。
これが、シワ・タルミなどの肌の老化の原因になると言われています。
5月に一番多いですが、年中降り注いでいます。
すぐに影響はでませんが、ダメージは蓄積されていきます。

UV-B・・・B波は、A波の1000倍以上の有害作用があり、人体に強い影響力を持ちます。
赤く炎症や火傷のようになる日焼け(サンバーン)の性質を持っています。
B波は、春から夏場にもっとも強くなる、別名レジャー紫外線です。
屋外での日焼け、シミ、乾燥肌の原因となり、表皮に強いダメージを与えます。
免疫力も低下させ、夏バテの要因の一つとも言われています。
これらの性質をもつ紫外線が引き起こすのは・・・↓
皮膚ガン。メラニンの働きのおかげで、白色人種の人々に比べれば有色人種は皮膚ガンになりにくいという話がありますが、オゾン層の破壊や、平均寿命の伸び(年月をかけたダメージの蓄積)の要因などで、ガン発生率は増加傾向にあるといいます。
美容面では、シミ、ソバカス、しわ、たるみ、日焼けなどが紫外線により引き起こされます。
目への影響では、白内障の原因の一つとなっています。
また、紫外線角膜炎や、翼状片を引き起こすことも・・・。
人体だけでなく、物の色の退色も有名ですね。
これらの結果は、こどものうちから大量に浴びてきた紫外線に影響されます。
日々の積み重ねにより、何十年もたってから出てくるなんて、時限爆弾のようですbearingsweat01
しかも曇りの日も雨の日も、室内にも入ってくるなんて!


というわけで、必要以上に浴びないためにも、一番紫外線を通してしまう窓ガラスにコーティングするのです。

将来の健康のためにも、ビィーティーエスは頑張りますshineconfidentshine
けして裏切らない商品を是非☆


住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

« 災害に備える | トップページ | きらきらの春 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1340298/38600193

この記事へのトラックバック一覧です: 冬至から一ヶ月:

« 災害に備える | トップページ | きらきらの春 »