2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« 雨と湿度 | トップページ | 光の効果 »

花粉の時期到来

おはようございますsun
今日の朝は暖かいですね!spaホッとしていますo(*^▽^*)o

でもこの時期暖かいと心配なことがあります。
そろそろ出始めていますからね・・・花粉が・・・。
花粉症の方にはとても辛い季節だと思います。
鼻や目がむずむずしたり、鼻水がでたり詰まったり、くしゃみが沢山でたり、頭がボーっとしてしまったり、アレルギーはとても辛いものです。

花粉は季節性ですけど、一年中アレルギー症状がでてしまうものもあります。
ハウスダストアレルギーです。ほこりですね。

このほこりやダニはアレルギーや喘息を引き起こす大きな原因となっています。
ハウスダストのアレルギーも、その中のダニの糞や死骸によるものがほとんどだそうです。
また、アトピー性皮膚炎を引き起こす原因も、卵などの食べ物よりもダニ、ハウスダストのほうが格段に多いのです。

そんな様々なアレルギーの原因のダニを撃退するポイントは湿度コントロールにあります。
どういうことかというと、ダニの生育4条件は、湿度、温度、酸素、栄養源ですが、何よりも「湿度」が大きな要素となっています。

というのもダニの適応温度は20~30℃、湿度60~80%ですが、例えば4℃でも湿度があれば、繁殖は無理でも生き延びることはできるのです。
夏場の高温多湿で大繁殖したダニが冬場まで生き残り、そしてまた夏に繁殖する・・・。
それを防ぐため、家の中をダニが棲みにくい湿度に保つのです。つまり湿度コントロール。
そうした湿度管理を可能にするには、高気密・高断熱住宅であることが必要条件です。
まずは外気の影響を受けにくい室内環境を実現し、その上で的確な換気および除湿を行うのがポイント。

冬場の乾燥による風邪ひき等を考慮すると、湿度40~60%に保つことが健康的に、快適に過ごせる生活環境といえます。
では高気密、高断熱にするには・・・やはりポイントは窓になります。
結露によるジメジメ、べとべと、これでは窓周辺の湿度が上がってしまいますね。
また、エアコンの普及とあいまって、窓を開けての換気を控えるような生活スタイルになっており、これが室内の湿度をさらに上昇させているようです。
これではカビの心配もしなければ(>0<)

プラマードU、窓ショップのスマートカバー工法で高気密、高断熱、NO結露!
Photo U
今ある窓の内側にすぐ取付けできる樹脂製の内窓です。
断熱効果と遮熱効果がとてもよく、樹脂製なので結露がほとんど起こらず快適note
冷暖房費が浮くこと請け合いです!
遮音効果も大きなポイントです。
一窓につき約1~2時間の簡単リフォーム!

 
サッシの次はガラスにアプローチ!アットシールドクリア防犯フィルム
Photo_2 Photo_3
これらの高断熱、高遮熱の性能の恩恵で、結露が起きにくくなります。
紫外線カット、防犯性能、人に家具に家を守ってくれます。

補助的な役割、天井ファンのエコシルフィ
Photo_4 Photo_5
天井ファンによる、冷暖房環境向上と省エネルギーシステム「エコシルフィ」。
室内の温度ムラを解消し、結露の起こりにくい空間へ!
最新型は消臭機能付note主張しないデザインで、どんな空間にもマッチします。

組合わせた時は効果は倍増!
でも一つ一つが優秀なので、どれかお一つ検討してみませんか?happy01
つらいつらいアレルギー、少しでも軽くしたい!ビィーティーエスですconfident


住まいるブログランキング 住まいの総合情報サイト

« 雨と湿度 | トップページ | 光の効果 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1340298/38916436

この記事へのトラックバック一覧です: 花粉の時期到来:

« 雨と湿度 | トップページ | 光の効果 »